読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

おれはまだ堂林に一縷の望みをかけている

このエントリーはカープとメガフォンと私 Advent Calendar 2015 - Adventarの3日目のエントリです。

僕自身はヤクルトファンですが、カープも応援しております。

今年は黒田のカムバックで大いに盛り上がりましたが、チームマネジメントには失敗してしまいました。優勝できなかった最大の要因は、セットアッパー陣の組み立てに失敗したことでしょうね... 一岡→ヒースで8回と9回を任せる予定が両投手とも期待に応えることが出来ず、逆転負けをするシーンが目立ちました。打線もオープン戦から今一つで不安視されたまま開幕を迎えて、頼みのグスマン選手も全然当たりが出ませんでした。歯車が狂ったままシーズンを終えてしまいました。

来年を闘うためにレフトもしくはサードを任せられる中軸打者、8回を任せられるセットアッパーを中心に外国人を獲得しながら、若手の底上げが必要になると思います。

一番期待できるのは、鈴木誠也選手。大砲というタイプじゃないけれど、3番を任せられる逸材になってもらいたい。打率はある程度残せると思います。打席での修正能力がとても高く、DOWに比べると雲泥の差。.270/15本へ期待を寄せております。

が、長打力で言えば最も期待できるのは、違反球で逆方向にホームランを打てる能力がある堂林なんですよ。当たらないけど... とにかく右投手のスライダーが打てません。本人もバットを寝かしたり神主にしたり、非常に苦しんでいます。ただ、2012年からずっとバットを寝かして結果が全然出なかったんですから、何かを変える時でしょう。打者はバットの出し方やタイミングの取り方ひとつで、一気に変わります。

5番サード・堂林。

まだまだ期待しています。