読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

スタメン起用が明暗を分けた短期決戦、2015CS 1st ステージ

久々なのかな? ファーストステージで、両リーグとも最終戦にもつれ込みました。

ここで阪神の和田監督、日ハムの栗山監督は同じような采配で勝負に出ました。通常代打として残しているプレイヤーをスタメンで起用するという勝負です。

あたりの出ていない今成選手を下げて代打の切り札関本選手をポレダ対策。昨日のヒーローで勝負強い矢野謙次選手を、西川/岡の代わりに起用しました。ここぞという時は、経験豊富なベテランに頼っていく。全く持って間違いではないのですが、結果が出ませんでした。

関本選手は3打数ノーヒットに終わってしまいました。新井良太選手がイップス気味で、とんでもない扇風機状態になってしまっているのが尾を引いています。それに、ポレダ投手がベストピッチを披露したことも大きかった。最後の攻撃9回表。無死1,2塁のチャンスを、福留→ゴメス→マートンで1点も取れませんでした。ここまでお膳立てが出来て結果が出ないのは、もう致し方無いかなという感はあります。

日ハムのスタメン起用は、完全に裏目に出ました。大失敗でした。この辺が栗山監督の嗅覚の凄さなんですが、起用した矢野選手の打席で大きなチャンスが2回ありました。1回裏と3回裏に、2アウトながら満塁のチャンスがありましたが、実りませんでした。内容も悪すぎました...

初回の打席の配球

gyazo.com

涌井投手の抜けた外のスライダーを思いっきり身体を開いて引っ張って、ボテボテのサードゴロです。いやいや、せめてファウルになるんだったらスタンド付近まで飛ばして欲しかったボール。この打席を見た時に、今日の矢野選手は期待が持てないと思いました。

3回の打席の配球

gyazo.com

力勝負を挑まれました。5球目のど真ん中のまっすぐ、7球目もど真ん中のまっすぐ。涌井投手も気持ちが入ったボールを投げましたけど、打点を期待される人間がど真ん中のストレートに力負けして、平凡なゴロで終わったらアカン。この時点で、7:3でロッテだなと思ってみてみました。

涌井投手も本当にアップアップで、毎回のようにランナーを出してはギリギリのラインで踏みとどまっていた。出来で言えば吉川投手のほうが全然良かった。が、味方の援護に恵まれ無かったのでこのままズルズルと言ってしまうことを恐れた栗山監督が、継投から試合のペースを握ろうと谷元→有原のリレーを組んで勝負に出ました。勝負とは非常なもので、ゴリラのようなデスパイネ選手にバックスクリーンに運ばれて、これが決勝点となりました。

試合後、栗山監督は投手は責められないと言っていましたが、そのとおりです。1,3回の満塁のチャンスをものにしていれば、吉川投手の出来で言ったら7回2失点のHQSでまとめてくれたと思います。

短期決戦は、選手起用が8割。勉強させて頂きました。日ハム、阪神の両チームの皆様、大変お疲れさまでした。ありがとうございました。