読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

2014年交流戦目前 東京ヤクルトスワローズレビュー

さて、今日のデーゲームに勝利して5連勝を成し遂げた東京ヤクルトスワローズ交流戦までの戦いを振り返りましょう。

辛い所(´・ω・`)

  • クローザー不在
  • ライアン小川の離脱
  • カーペンター・久古・石山・バーネットの離脱
  • ボーンヘッド上田

まぁもうとにかくヤクルトはDeNAベイスターズよりも投手陣が崩壊してしまったと言える状態でございます。ライアンがいないので・・・先発陣としては・・・

  • ナーブソン
  • 八木
  • 木谷
  • 古野
  • カツオ

ナーブソン投手がハマスタで1安打で負けてしまったという悲しい試合がありましたが、試合を作ることができる安定感が出てきました。木谷投手も昨年秋頃からいい投球内容が増えております。また、秋吉投手と八木投手の配置転換も回りだして、ライアンが戻ってくればいよいよ借金完済に向けてと行きたい所です。

課題は中継ぎ陣&中継ぎ陣&中継ぎ陣。特に左投手とか左投手や左投手です。

また、私は上田剛史選手に集中力の欠いたプレイが多いことが大変気に入らないので、比屋根選手の台頭はチームにとってプラスだと思います。

良い所

  • 12球団一といえるツバメ打線
  • 木谷投手の台頭
  • 秋吉投手の台頭

なにしろあのヒットゾーンの狭さで鳴らした畠山選手が広角に打ち分けており、大正義バレンティンを始め切れ目のない打線を構成しており、打ち出したら止まらない打線になっております。雄平選手も膝の靭帯損傷から復帰し、気持ちのよいスイングでチームを牽引しています。難しいボールでもヒットに出来るバットコントロールがあります。

課題は7,8,9の継投をどうするか。打線はもう悩むこと無い。高津臣吾コーチの手腕がチーム浮沈の鍵といえるでしょう。レッツゴースワローズ!