読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

クローザー受難の1日となって改めて感じた、野球の怖さ

今夜は珍しくクローザー受難の1日になった。


広島のミコライオ

楽天のアンドリュー・ジョーンズに一発を浴びた。打たれたのは外より真ん中のシュートらしい。多分シュート回転した真っ直ぐなんだろうが、AJにとってはホームランボールになった。元々コントロールで抑えるタイプじゃないので、ジョーンズのように選球眼のよいじっくりと相手を観察するタイプはストライクが先行しないと難しいよね。

オリックスの平野

先頭の坂本のポテンヒットは致し方ないのだけれど、阿部への死球が本当に痛かったですね・・・。当てた方が痛い。ロペスがおっかなびっくりなバントを決めて、亀井がお手本のようなバッティングを決めた。ストレートもフォークもなんであんなにうまくタイミングが取れるんだろう。決して悪いボールじゃなかったし、引っ掛ければゲッツーだった。打ったほうがスゴかったです。

ファイターズの武田久

いきなりの死球(白井球審の誤審によるものですが)でペースを乱してしまい、桧山を打ち取れなかったのが非常に響いた。ストレートが真ん中に入ってしまった。ここを抑えきれなかったことで一気に追い込まれて阪神に流れが傾いてしまい、プレッシャーに負けての暴投。カットボールのように見えた。鳥谷が1球で討ち取られてこれでわかんねぇなーと思ったけど、マートンにへの4球目のフォークがワンバウンドしちゃったし、カットボールも西岡に暴投したので、困ったときの原点のアウトローストレートが甘く入りマートンに合わせられてしまった。

やはり、キャッチャーとしては暴投したボールや明らかなボールになったボールは投げづらいから最後は力で行くことになるんだろうけど・・・野球は怖いなぁ〜

だが、それがいい