読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

上田剛史選手の盗塁死はサインだったのか問題

東京ヤクルトスワローズ

WBC2013の内川聖一選手の盗塁死を思い起こさせる、本日の上田剛史選手のボーンヘッドにしか見えない盗塁死。

これ、ベンチからのサインじゃないよねぇ・・・。9回裏までに2点取らなければならないのなら、走って勢いをつけてクリーンアップに繋ぐというギャンブルに出るのもわからなくはない。次のバッターが貧打でヒットが望めない打者ならわかる。

打者が川端慎吾で元々バットに当てるのがうまいし引っ張りこんでライトに打てるから併殺打の可能性は低いのに、盗塁死は絶対零度の冷水をチームに差してしまうわけで。万が一にも失敗できないケースの盗塁死はちょっとないわ。だいぶない。

その後巨人にしっかり1点追加されて負けたわけなんだけど、この1点は上田剛史選手の自責点だと思います。

投打に渡り未熟さが目立つ東京ヤクルトスワローズ。今後の奮起に強く期待します。