読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

日ハムの散漫さばかりが目立った、2016年日本シリーズの第1戦と第2戦

パワプロで言うと全員が調子が悪くなっているのが日ハムという印象を受けました。

初戦の大谷投手について

チームとしては当然一番良いピッチャーを先発に立てるわけですが、マツダスタジアム初登板・雨・寒さと色んな不安要素が重なってしまい、「ボールの行方は風に聞いてくれ」という荒れ模様で立ち上がった。1点目のダブルスチールのカットは自身のミスとしても、松山選手とエルドレッド選手というストレート系が滅法好きな打者にヒッティングカウントで真ん中外寄りの真っ直ぐを投げてスタンドまで運ばれてしまったのは、大谷投手のコンディションを考えると・・・。大野捕手のツメが甘かったとも取れます。この二人は難しいことは考えないタイプですし。大谷翔平投手があまりにも絶大的なので大野捕手も配球を深く考えなくても良かったのかもしれないなぁ。考え過ぎですかね。

広島のジョンソン投手。カットボールが素晴らしいですね。右打者は踏み込めない、左からは逃げていく。低めにボールを投げ込む精度の高さは12球団No.1じゃないでしょうか。石原捕手との呼吸もバッチリです。こういうゲーム運びを見せられると會澤捕手を使う理由がなくなるなぁ。捕手に打つことを求める必要がないチーム状況ですしね。ジョンソン投手のように左右の変化と低めの精度でゴロを打たせることが生命線のピッチャーは、石原捕手の腕の見せ所。334万米ドルで契約延長ですわ。3年延長も当然です。メッセンジャー投手のように、長くローテを守ってくれるでしょう。大切に使ってほしいですね。

2戦目の散漫な野球にはF留K介氏も呆れてしまう

nanjde.blog.jp

この顔ほんとすこ。ある意味奇跡の一枚ですね。

菊池選手のバスターが決まったまでは致し方ない。無死2塁から自分でカウントを悪くしてしまい、まっすぐしかこない状況になった。菊池選手も当てるのはうまい。サードが前に出てショートもサードへの早急に備えて左に寄りますからセンター返しは狙い目。見事にハマりました。三塁コーチャーもよく腕を回しました。全ての判断が良い方向に出てカープが1点をもぎ取った。強い野球を見せました。

問題はここからなんですよねぇ... 気落ちしている場合でもないし、まだ6回裏。なんとしても1点で止めたい。カープはなんとしても1点欲しい。カープの勝ちパターンのリリーフ陣なら2点差あれば同点まで。裏の攻撃だから同点なら一発で終わる。丸のバントは充分に警戒すべき局面だけど、増井投手の集中力が切れてしまったのか抜けた変化球から入ってバントされた。大野も増井も完全に頭に入っておらず、大野に任せたら良いものを増井が素手で取りに行ってとんでもない悪送球。

もう増井投手を引っ張る理由はないので、流れを変えたいので右の鍵谷投手にスイッチ。継投で相手の流れを止めたい所なのに!大事に入ろうとして初球変化球を要求したらワイルドピッチですよ。最悪ボールでも良いのに何を力む必要があったのか。これで鈴木誠也はすっごい楽になりました。バットに当てれば良い局面に変わりました。

ワイ監督なら、ここで鈴木誠也を歩かせる。打ち取れる気がしない。仕切り直して、1死1,3塁でエルドレッド。最悪1死満塁でも良いですよね。もう1点も与えられないんですよ、試合展開的に。おハムは。9回裏ぐらいの気持ちで戦うべきでした。

エルドレッドはヒットゾーンが限られるバッターなので、どうせ2点負けてるならエルドレッドを三振かゴロアウトに取ることだけを考えて、2アウトにする。それを優先するのが最善だと思っていました。同点なら鈴木誠也を打ち取るしか無いけど、3点目はそう簡単に与えてはいけない局面だったし3点目も4点目も大差がないじゃないですか。鈴木誠也エルドレッドなら、エルドレッドのほうが与し易いはずなんですけどね... でも初戦と2戦目、同じように外のストレートを運ばれてる。大野捕手の詰めの甘さを疑わざるをえない。

結果としては、ワイルドピッチのあとストライクを取りに行った外の真っ直ぐを簡単に合わされて犠牲フライであっさり1点を献上。その後、エルドレッドには0-2から外に外したボールを完璧に打たれてホームラン。2点目まではカープが獲った点、3〜5点目はミスで献上した点になりました。3点目以降はバッテリーエラーにも程があります。大野捕手の意図が鍵谷投手に伝わっていなかったとしても、それは捕手の指示ミスになるでしょう。実に悔やまれる展開でした。

それにしても今年の野村祐輔投手の援護力はネ申ってますね。鈴木誠也よりもネ申ってるのは野村祐輔投手じゃないですか。毎回5点ぐらい援護貰ってるそうなので。そりゃ16勝3敗も頷けます。菅野なら20勝してるかも。

札幌でDH大谷解禁。反逆なるか?

あれだけ自分のペースで野球をやってリーグ優勝を手繰り寄せた日ハムが、完全にカープに飲まれてしまいました。打線が全くつながらないのも重症。札幌に戻ってDH大谷を解禁し、打線をテコ入れをして心機一転。ジャイアンツの1番坂本を模倣して、1番DH大谷もありえます。栗山監督は自分の読みと心中できる監督なので。それが良いところ。1つ勝てばチームも変わるでしょう。

冬眠中のままシリーズが終わってしまうのは残念すぎるので、日ハムの奮起に期待します。両軍のファンが、そして野球ファンがしびれる野球を見せてくれ!