読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

大正義・山田哲人選手を抑える方法

東京ヤクルトスワローズ

ひとりだけ次元の違うレベルのバッティングをしています。山田哲人選手の大きな特徴は下記の通りです。

選球眼が滅茶苦茶良い

これだけ打ちまくる選手ですから、圧倒的に変化球で攻められることが多い。外のボールゾーンを中心に交わすピッチングが本線になりますが、山田哲人選手はストライクからボールになる変化球を全然振りません。追い込まれているのに、外のベースの上に落ちるフォークやスライダーを振らない。これをやられたら配球を組み立てる立場の人間は滅入ってしまう。投げるボールがどんどん無くなってしまうので、四球を勝ち取られてしまいます。

頭がぶれないせいか、泳がされない

感覚でしかわからないんですけど、山田哲人選手のように率が残せる選手はどのコースを打っても頭の位置がブレません。つまり、体が過度に突っ込んだり逆に突っ張ったりしていないということ。突っ込んでしまう選手は膝から崩れて引っ掛たり泳いだりするケースが多いです。でも、山田哲人の場合はそれがない。変化球に泳がされずにスイングが出来るって、相当すごいと思う。中日の平田と比べると違いがよく分かります。

差し込ませる

原則として、変化球に泳がされない山田哲人選手を打ち取るには差し込ませることを考えるのが基本線となる。差し込ませるってことは力のあるボールが必要なので、高めの真っ直ぐでフライが取れるパワーのある投手はそれを投げ込む。セ・リーグだとマシソン投手が代表例ですね。上背を生かして角度のある真っ直ぐを投げ込んでおけば、スライダーが効いています。

山田哲人と勝負する時に左右で組み立てるのはかなり厳しい。よほど良いシュート系のボールがないとストライクゾーンを広く取る組み立てをこれだけ選球眼の良いバッターにするのは厳しい。左右ってことはインサイドを丁寧につかねばならない。そんなこと出来ないでしょ...

であれば、縦の変化で勝負するピッチャーのほうが、まだ打ち取れる気がする。阪神メッセンジャーとか。ストレートに差し込まれやすくなる。ツーシームが動くならなお良い。ポップフライになる可能性が高まる。縦スラやフォーク系のボールで空振りが取れるピッチャーを当てていきたい所。広島の黒田かな?

あとはチェンジアップ。巨人の内海投手や中日の若松投手のように、チェンジアップを決め球にしている投手はどうなんだろう。関係なく打ちそうだw

則本との真っ向勝負は見てみたい

見てみたいのは楽天の則本投手、SBの武田翔太投手と良かった時の摂津投手。則本投手の火が出るような真っ直ぐで真っ向勝負。ドロップとフォークを武器に縦の変化で勝負する武田翔太投手にどう対応するのか。制球力抜群でバッターとの駆け引きに長けた摂津投手が、どうやって山田の思考を迷わすのか。

今年もほぼトリプルスリー間違いなしの山田哲人選手。彼を封じ込めるにはどうしたら良いのかという試行錯誤の元で、新たな野球界の常識が作られる気がしてなりません。