読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

交流戦直前、2016年セ・リーグラウンドアップ

セ・リーグ

さてさて、今年の大混戦模様のセ・リーグラウンドアップです。最下位のヤクルトまで5.5ゲーム差にひしめき合っています。

gyazo.com

借金11をわずか1ヶ月で完済した横浜DeNA

5月を17勝6敗(当時)で借金11を完済しました。昨年のこの時期に比べると数字は落ちていますが、戸柱捕手を中心になななななんと守り勝つ野球をやっています。箱庭の横浜スタジアムをホームに12球団随一の先発ローテーションを形成するとは圧巻の一言です。

特に個人的に買っているのが左腕のドラ1、今永選手。非常にクレバーな投手です。ルーキーなのに。インコースへのストレートの制球も光るものがあるし、投球にメリハリがあります。このボールは見せ球、このボールはファウルを打たせたい、このボールは外れても良い。高い問題意識の現れでしょう。

個人的に戸柱捕手の何が良いのかは今ひとつ見えていませんが、配球面を彼が中心となって考えていることを鑑みればとても観察力の高いバランスの取れた捕手なのではないでしょうか。

まぁ、何しろ若いチームですから良い時と悪い時の差が激しい。4月の凋落から5月の大躍進ですから、ジェットコースターのようなシーズンになるでしょう。このままスイスーイとは行かないと見ていますが、横浜がどれだけ首位を脅かすのかがひとつ焦点となります。

12球団最強打線ビッグレッドマシン

ひえ〜 あの貧打で鳴らした広島打線が、1番〜6番まで打ちまくっとる。キクマルが本来の輝きを取り戻し、新井さんは得点圏打率トップでエルドレッドはスライダーに対応し、怪我してるとはいえルナ先生もスタンバってる。松山・鈴木誠也・安部の3人もよく打っている。石井琢朗サードコーチャー無能。石井琢朗バッティングコーチ有能。

懸念されていたセットアッパー陣ですが、ヘーゲンスとジャクソンの両外国人を上手く使いながら中崎投手へつなぐことができています。ルナ先生が帰ってきても、今の形で戦うんじゃないでしょうか。首位ですしね。打てなくなったらルナを起爆剤に使うという贅沢なオプションが取れています。

先発を活かすも殺すも打線次第。難しいもんです。

12球団最弱ヨボヨボジャイアントマシン

4番のギャレットが2軍調整で、まさかのクルーズ4番ですからね。どんだけ長野が嫌いなのかと思いましたが、昨日の試合は偶然にも僕が一昨日書いたクリーンアップになっていた。ははーん(え 実績と技術のある選手の奮起に期待する以外手のうちようがないので、打線については3点打線が関の山というところですね。元々投手力のチームですし。

とにかくロースコアの接戦に持ち込みさえすれば、1点だけを取りに行くことはとても得意としていますので、打てないチームは先発が9割ということで、はい。

クローザー全員死亡のタイガース

マテオが離脱、ドリスも離脱、しょうがないから球児をクローザーに回す。意味がわからないですね... 勝ちパターンが崩壊しちゃったので、勝ち負けを繰り返して5割を行ったり来たりしてるうちに打線が冷凍して5連敗する未来が見えます。正念場です。

よく5割を保てるなドラゴンズ

これといって中心となる選手がいないけど、クローザーに抜擢された田島投手が圧巻のパフォーマンス。彼が今のドラゴンズを救っていると言える。ビシエド選手も相変わらずよく打ちます。打線も投手陣もソコソコですが、魔境ナゴヤドームでめっぽう強いドラゴンズ。首位を虎視眈々を伺える状態です。

先発スワローズ

東京ドームで6つ負けてるのが響いて最下位のスワローズ。防御率4.5点台の先発ローテに明日はあるのか。5回まで2失点で耐えてくれ先発陣。話はそれからだッ!

昨年同様に混戦になるでしょう

交流戦でみーんな調子を落としてチーム状態が悪くなって返ってくると思うので、6月中旬〜オールスターまで。かなりの接戦になると思っています。先発が最も安定してる横浜か、はたまた投打が噛み合って首位のカープか。其の2チームに割って入るのはどこなのか。そういうペナントレースになる気がします。