読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

10月はプロ野球の光と影が交差する季節

fujipon.hatenablog.com

fujiponさん、ちなCなのかな。カープ良いっすよね。僕はちなヤク。

篠田投手は3年ぐらい前に左膝の内側半月板損傷して手術をしてから、とにかく球速が出なくなりました。日ハムの武田勝投手のように、スライダーとチェンジアップを駆使して内外に散らしていくような投球ができれば違ったんでしょうが、一軍登板を見る限りツーシームとスライダーのみで逃げまわるような組み立てが目立ちました。毎年のように入団してくる若い左腕に勝るポイントが無かったのが大きかったと見ています。

プロ野球において10月は光と影が交差します。光の部分はリーグ優勝並びにポストシーズンが始まること。熾烈なペナントレースを制し、シーズンの集大成を迎える山場です。ビールかけなどの祝勝会もあり、最も華やかな時期です。

影の部分は、10月から開始される戦力外通告と現役引退のお知らせ。引退を影と言うのは少し語弊があるけれども、小笠原・谷繁・和田・谷・山本昌・・・と言った球界を代表する好選手がユニフォームを脱ぐというのは、多かれ少なかれ野球ファンの心に影を落とすということで。

ふじぽんさんの武内投手にとても近い境遇の投手が、僕の中におります。横浜の加賀美希昇投手です。

個人年度別成績 【加賀美希昇 (横浜DeNAベイスターズ)】

3年ぐらい前かな。東京ドームでの巨人戦に先発。確か8回で2失点ぐらいでHQSしたんですよね。非常に良いチェンジアップを投げていました。それに縦気味のスライダーを持っており、ヨコではなく縦と強弱で勝負するタイプ。今年ブレイクした、中日の若松投手のようなチェンジアップ投げてました。このタイプは左打者もそんなに苦にしませんので、ストレートの精度さえ良ければ1軍で勝負できると期待していました。

www.sponichi.co.jp

↑ この試合だ! 我ながらよく覚えてた!

が・・・2013〜14年と二軍でみっちりやって、夏頃にローテの谷間で一発勝負の登板機会を与えられたけれども、QS出来ずに横須賀戻り。これを2年繰り返してしまいました。2015年は一軍登板機会がありませんでしたので、ファンの間でも戦力外最有力候補でした。

追記 11/5 17:30

www.nikkansports.com

恐らくクビと書きましたが、今季で戦力外通告を受けていました。大卒投手は原則即戦力を求められるので、5年間で1軍定着が難しいと...

ピッチングって本当に難しいですね。良いイメージで投げられたのならそれを次に活かせば良いと思うのですけれど、イメージだけでは続かないみたいで。投球はとても感覚的な行いで、リリースポイントが1cmズレてしまったら外の真っ直ぐがど真ん中へ行ってしまう。ガラス細工のように精巧で、同時に脆い存在である投手。野球で最も過酷で重要なポジションは、間違いなく投手です。