読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

大天使・里崎智也氏が語るローテを守れる投手の条件

千葉ロッテマリーンズ 配球論

──ちなみに、里崎さんから見て、ローテ投手の条件って何だと思いますか?

里崎 いつ、いかなる状況においても、ストレートも含めた3つの球種が自分の思い通りのところに投げられること。これに尽きるんじゃないですか。成瀬(善久)だったら、ストレート、スライダー、チェンジアップ。それが、満塁のカウント3-0からでも、8割方、思ったところに投げられるっていうぐらいでないと、1年間ローテを守るのは厳しいと思う。逆に言えば、それがきっちりできるなら、2ケタは行けるってことですね。

3つの球種を自在に操れる投手は、2ケタ勝てる!【元ロッテ・里崎智也が語るプロ野球選手論③】 | ベースボールチャンネル(BaseBall Channel) - Part 3

3つと言っているのは、2つしか無いと投球の組み立てが苦しくなるから。配球はジャンケンに似た側面がある。グー・チョキ・パーと3つのボールがあって、何らかの事情でパーが出せなくなった場合、グーとチョキだけでジャンケンに勝たねばならない。手の内がほぼ明かされた状態で心理戦を行うのは非常に難しい。

相手がグーを出すと分かっていても打てないこともあるが、グーを出すと分かっている場合とそうでない場合では、打たれる確率に影響を与える。投手もバレバレの状況を理解した上で投げる必要があるので、力みも生まれやすい。野球は技術とメンタルのスポーツ。

中継ぎ投手のように短いイニングを全力で行ける場合は、話は変わる。ストレートとフォークだけでとんでもないセーブを記録した大魔神佐々木主浩投手のように、絶対的なボールを持っていれば1イニングをピシャっと抑えることが出来る。中継ぎは調子の善し悪しに関係なく行けと監督に言われたらいかねばならないので、組み立てがどうこうよりも代名詞となるボールがあることが優先される。今年で言うと、阪神のオンスンファン投手がわかりやすい。生粋のクローザーだ。

先発投手は初めから100%で飛ばすことは出来ない。テンションを維持し続けるのが難しい上に、スタミナが持たない。カウント球・ファウルを誘う球などをうまく使って、総合的な投球技術で打者のタイミングをずらしていく。カウント球が甘く入って打たれるほどつまんないことはなく、そういう投球が続くと先発は無理という評価になってしまう。

結局のところ、先発で結果を出しているのは技術のある投手だけってのが、味わい深いです。