読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

斎藤佑樹投手の復帰マウンドは本格派の投球内容で5回1失点

今日の斎藤佑樹投手は、珍しくと言っては失礼だけれどもストレートを中心に組み立ててきました。恐怖のソフトバンク打線を相手に、1回り目はストレートやシュートボールを投げ、左にはインサイドのカットボール、右にはスライダーを交えながら上手く打ちとっていました。

4回に初球の内よりのシュートを内川聖一選手に完璧に運ばれましたが、まーあの打撃が出来るのは内川しかおらんのではというぐらい完璧な打ち方でした。シュートに対して肘をたたんで更に内側からバットを出せるんだもの。イデホやマッチならレフトフライだったと思います。相手が悪かった。

その後ストレートがじわじわとシュート回転するようになり、魔が差してスライダーでかわそうとするものの長谷川に四球、ギータにヒットでピンチを背負います。背負ってからはスライダーを完全に捨ててまっすぐとフォークのコンビネーションで勝負するという本格派の香りを残しながら最後は三振で締めました。

今日の投球内容から感じたことは、斎藤佑樹投手はスライダーに頼ることをやめていました。今までは外のスライダーとフォークを丹念に低めについてゴロを打たせようという投球をしていたのですが、ちょっと甘く入ってやられるかカウントを作れなくて四球で自滅のどっちか、という結果が多かった。今日はカウントを取る時に内の真っ直ぐ系のボールを打たせてファウルでカウントを作る事ができており、首脳陣も本人も納得感のあるマウンドであったように思います。

斎藤佑樹投手の最もキレのある変化球はフォークなので(これぐらいしか三振の取れるボールがない)縦軸の変化を基本形にカットボールとシュートを交えて詰まらせてポップフライを上げるようなタイプの投球スタイルがベストなのではと感じました。ストレートでは三振が取れませんが、ストレートを撒き餌にすることは可能だと思う。

しかしながらインサイドの制球(ストレートのシュート回転)が狂うとこの投球スタイルも維持できないので、次の登板ではキッチリとインサイドをつけているかどうかを確認してみたいと思います。5回1失点、復帰登板お疲れさまでした!まだまだ終わるのは早過ぎますよ!!!