読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

カープの正捕手にならねばならない會澤翼選手に大変不満が残った件

http://i.gyazo.com/693815c9bab9513ec7696dc0790bf6a7.png

本日の首位攻防戦第1ラウンド。會澤翼選手のブレーキが最後まで響きました。彼はこの試合でやってはいけないことを連発してしまっています。

カープの次の捕手は會澤翼しかいないというのが僕の考え。是が非でも独り立ちして欲しいので、"アツい"エントリを書くことにします。

7回2死2,3塁の大チャンスでボール球を引っ掛けた件

これは痛かった・・・・

http://i.gyazo.com/1600da197c4d2671c5b0a14a242606e2.png

前の打席で小窪選手が山口鉄也投手のスライダーを「引っ張らず」ライトに流して、名将ケニー野村の代走赤松起用の激走でタイムリー爆誕。逆転に成功しました。この時点では、まだカープは主導権を握れていない。やっと頭ひとつ抜けだした状態で、残り2ハロンを併せ馬をしながら走っている状態。まだまだ巨人も息を吹き返すチャンスがある。

ここでもう1点取れば間違いなくカープの流れになりぐぐっと勝利が近づいてくる局面。狙い球を決めるか、打つ方向を決めるしかしてタイミングが合うボールを打たねばならない所で、2球目のボールに近いスライダーを「ストレ・・あっスライダー」で引っ掛けるのは無い。

あそこを見逃していれば、パンチ力のあるアツに対して馬鹿正直にインサイドは来ない。次のボールは外のシュート系で入っていただろうから、右に転がせばヒットになる可能性もあった。この辺の勝負勘、状況判断が欲しい。状況が判断できれば自分のゾーンを狭くして対応できるから。

8回の中田廉のリードは"廃球"だった

この試合の最大のチョンボがこれ・・・坂本勇人への3ラン被弾。

http://i.gyazo.com/d46691149871b0fb2257e324a0df393c.png

前の打席の松本哲也に対して、會澤はセオリー通り外の低めの速い球を投げた。中田が投げた真っ直ぐが抜けてしまい、中に入ってしまっておあつらえ向きの引っ張る球を投げてしまった。

その流れを受けての初球の真っ直ぐが滅茶苦茶抜けてしまった。この時点でスライダーとチェンジアップで変化球を続けて引っ掛けてもらうことだけを考えるべきだったのに、2球目もストレート要求。これがまたしても抜けてインサイドに来た。

さすがにさ・・・こんなに抜けたストレートを続けたらさ・・・マウンドに行くとかさ、目線変えてカーブ投げるとかさ、他にも選択肢があっただろう。

ストレートで勝負にならないのは明白なんだから、一番やっちゃいけないのは3ラン被弾。それ以外ならまだ追いつける流れは作れた。それに今日の坂本は変化球を引っ掛けて凡退で、真っ直ぐ系は全部長打。そういう今までの坂本とのアヤっていうのかな、そこも感じ取ってほしい。

変化球はこれというボールがあまりないので、速球のキレで勝負する中田廉投手。だからと言っても、3球連続でシュート回転しているのにまだストレートをベースの上に投げさせようとすること自体が理解できない。3ラン被弾なら終わるこの状況で。まさか3球目は真っ直ぐで来ないよなって思ってたら、まっすぐ要求でシュート回転のど真ん中に行っちゃった。

これは會澤捕手の大ミスです。いくら速球のキレで勝負する中田廉投手とはいえ、あり得ない配球ですよこれは。チェンジアップならポップフライになる可能性も十分にあった。中田廉投手に土下座もんだと僕は思いました。原則、勝負所では置かれた状況が最優先。そして、その投手自体がおぼつかない時は更にそう。投手優先じゃないはず。

9回1死1塁での明らかな糞ボールのスライダーを振る

堂林選手でも絶対に見逃せるスライダーを振るとは重症だな・・・うーん、この。

http://i.gyazo.com/548c032ab04a8049801a994802f7c966.png

  • 初球のストレートに滅茶苦茶中途半端なハーフスイング
    • 前の打席で引っ掛けたスライダーが頭にありすぎ
  • 迷ってるもんだから3球連続真っ直ぐを続けられあっさり追い込まれる
  • 3球目はすげー振り遅れていた
  • 4球目のファウルはタイミングピッタリ!

で、この流れで次に何を投げるか。マシソンの持ち球からすれば、外のスライダーしか無い。9回1死1塁で1点差。先日ホームランを打ってる會澤選手に対して、タイミングがあった真っ直ぐを続ける理由は阿部捕手にはない。インサイドにズバッと来ても3,4球目をファウルで当てることができていることをポジティブに捉え、外のスライダーが高めに入ってくることだけを意識してゾーンを高めにセットすれば絶対に見逃せるボールなのに、スライダーしか頭にないから狙い球キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!でダボハゼになって三振。

仮にあれを見逃していればフルカウント。スライダーかストレートかは悩むところだけど、マシソン投手であることを考えれば7:3でストレートの局面。ストレートのタイミングで待ってスライダーが来たらなんとかカットするという意識が望めば、局面は大きく違ったのではないかと思う。

というわけで、僕が見たところ會澤翼選手は勝負所での状況判断が甘い鈍くさい所が大いにあります。

でも、石原捕手の次を担う正捕手は、カープで最も打てる捕手である會澤翼しかいないと僕は見ている。

首位攻防戦第1ラウンドを落とすという大きな授業料を払って、會澤捕手が次にどんなバッティングをしてくれるのか。リードを見せてくれるのか。楽しみにしています!