読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

広島東洋カープが連敗を9でストップ!

交流戦9連敗中と絶望の淵を彷徨っている広島東洋カープが、ついに連敗を止めた。しかも逆転のグランドスラムで試合をひっくり返すという、これ以上ない試合で。野球の醍醐味をまざまざと感じたすごい試合になりました。

一岡、堂林、石原、松山、キラと1軍で活躍する選手がことごとく離脱し、とにかく救世主となる選手が出てこないかと1.5軍のメンツを入れ替えては見るもの、最後まで頼りになるのはエルキラの外国人砲でした。正直、小窪選手と迎選手は頼りになりません。ココっていうところでは岩本選手のほうが頼りになるから。

打線はとにかくキラの離脱がネック。これが非常に痛いです。松山竜平選手が膝の十字靭帯損傷のため、恐らく残りのシーズンは絶望的な状況。カープの左打者では最もバットコントロールが上手い選手だっただけに痛い。松山の代わりに誰が打つかといえばキラしかおらん。え?栗原?聞こえないなぁ(すっとぼけ

この悪夢の状態が9月じゃなくてよかった。まだ首位巨人とはたったの4ゲーム差。どうとでもなる数字です。2勝1敗ペースでジワジワと詰めていけばいい。ルーキーの九里と大瀬良がリーグ戦再開後、交流戦の登板を通じて何を学んで調整してくるのかをとても期待しています。彼らが今年のカープの投手陣の浮沈の鍵です。この2人でどれだけ貯金が作れるのか。彼らに負けが先行すると5割を行ったり来たりのシーズンになると思う。次のドラフトは社会人捕手か強打の内野手取ろうぜ。

大きな連敗をするときは打線が必ず沈黙します。それも主軸に。エルドレッドが才能を開花させたとはいえ、1番と5番には大穴が開いている状況に違いはありません。今日はミラクルで勝ちましたが、中田廉投手の回跨ぎは何度も使える手ではありません。一岡投手・堂林選手が交流戦後に戻ってくる可能性が高いにせよ。7月をどう戦っていくのか。今日はゆっくり勝利を噛み締めて、明後日はホームのマツダスタジアムで恐らくエースの前田健太投手が登板します。エル以外の選手が目立つような、そんな試合を見せてほしいなぁと思いました。

連敗脱出、おめでとうございました!頑張れ!カープ