読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

2014年交流戦目前 北海道日本ハムファイターズレビュー

若手の台頭が著しい日ハムのレビューです

ネガティブ要素

ポジティブ要素

特筆すべきは大谷翔平のために作ったような先発8枚ローテが意外といい方向に回ったということ。その8枚とはこの皆さん。

実績のある武田勝吉川光夫の2枚左腕が振るわない中で、上沢投手・浦野投手・大谷翔平投手がしっかりと勝ち星を積み重ねています。中村勝投手も先日大量点があったとは言えHQSを達成しており、これからの活躍を期待できそうです。斎藤佑樹?あー聞こえない聞こえない。

また、打率は低い打線なんですが、なんとチーム得点数はソフトバンクとほぼ同じ。ミランダ選手に当たりが出はじめ、西川2番構想を諦め3番に回した所打点が増え始めました。制限の多い2番で野球を学んで欲しかったのかもしれませんが、西川はそーゆーの向かない。英断です。

守備面では、西川・中島の二遊間にエラーが多いのが気になります。日ハムの失策数はパ・リーグで最も多いです。西川選手がダントツの7個、中島選手は3個。陽岱鋼選手も肩に不安があるので、広い札幌ドームを守るにしては、センターラインの守備力に少し不安はあります。

ですが、中島選手は対金子千尋投手専用機としては欠かせない逸材で、オリックスが日ハムを今シーズン苦手にしているのは中島選手のおかげなんじゃないかと思うぐらいです。

このチームは大谷翔平のパフォーマンスが浮沈の鍵を握っています。打てば3割、投げればクオリティスタートを達成。大車輪の活躍を見せてくれています。大谷の才能を信じ大谷に自由を与えて育成させているわけですが、20歳になったら!どっちか一本に絞って極めて欲しいですね。トリプルスリーを目指すのか、25勝を目指すのか。非常に楽しみにしています。

はよQVCで先発してくれ〜 プレスシートを取ってじっくり見たいんじゃ〜