読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

2014年交流戦目前 中日ドラゴンズレビュー

中日ドラゴンズ

では、交流戦目前を控えたここまでの中日ドラゴンズの戦績を振り返りましょう。

ネガティブ要素

  • エースの不在
  • 岩瀬の不調
  • 吉見・浅尾両投手の出遅れ
  • 山本昌二軍
  • 岡田俊哉投手の炎上

エース吉見を欠くことが決定して開幕を迎え、先発として飛躍して欲しい左腕2枚、大野投手と岡田投手がこれまで不甲斐ない投球が目立ってしまいます。また、レジェンド中のレジェンド、岩瀬仁紀投手につなぐ役目を託された田島投手・福谷投手がなかなかリードの場面で結果を残せておらず、岩瀬投手も例年がすごすぎるので比べてもしょうがない部分はありますが、岩瀬という基準で考えると物足りない。

チーム再建のまっただ中にあるんだな、というのが外からも見て取れる戦いっぷりです。谷繁元信兼任監督も日々感じたこと無い疲労や重圧があるのではないでしょうか。

ポジティブ要素

なにはなくとも平田選手が4番として勝負強い打撃を発揮していることは明るい材料です。また、個人的に中日の攻撃の核と思っているのが大島洋平選手。足が速い上に非常にバットコントロールが良いので、ランナーに出したくないことこの上ない。が、セリーグの打者でも常にトップ3の安打数を誇るという。あと10年近くセンターに困らないってのは大きいよなぁ。ドラゴンズの攻撃の象徴は、大島洋平です。

また、先日川上投手がアクシデントがあり急遽先発として登板した濱田投手がいきなり完投勝利をあげ、その次の登板でも好投と言い方は悪いですが"嬉しい誤算"という状態です。

往年のAクラス常連チームを支えた投手陣がほぼ壊滅状態の上に、中継ぎ陣に不安がある以上、大野投手と岡田投手の左腕2枚の復調がチーム浮沈の鍵を握っていると言って問題ないでしょう。濱田投手のような孝行息子が出てくるかどうか。森繁ヘッドコーチの手腕に期待しましょう!