読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

横浜の高城俊人捕手の逃げまわる配球がちょっと目につく件

負けるべくして負けたよなという配球が多かったように思うので。

キラとの配球レビュー

http://i.gyazo.com/222d6b79b365c0ae530c029255a7da6b.png

2球目のスライダー、3球目のフォークが外に2球決まって、2球ともアウトローの大変素晴らしい所に2球続けて入った。出来すぎで1−2と追い込んだまでは結果的に良かった。

これでもうストライクはいらない。でも、ただ逃げまわって変化球を引っ掛けさせようとしている意図がバレバレで、キラも落ちるボールをずっとケアしていた。フォークボールがその後2球外れて結局バッテリーが自滅で追い込まれた。で、四球は出したくないってことでストレートを投げざるを得なくなって高めにシュート回転してレフト前ヒット。

2球ストライクを取ったフォークやスライダーが何の意味を成していないので、全く意味のない配球であると言えます。布石を打って打たれたならまだわかるけど、逃げまわって逃げ道がなくなって自滅ってのは意味が無い。

石原への配球レビュー

7回表、1死1,2塁という局面。なんとしてもゲッツーに取りたい所で、強打者でもなんでもない石原慶幸捕手に対して、この配球は自殺行為だと感じた。

http://i.gyazo.com/dc617ebb27a2a56010818add06f86f61.png

スライダーで引っ掛けさせてゲッツーを取ろうとしているけど、あまりにも単純バカ過ぎる。石原が初球からインサイド待ってるわけがないし、次の代打のほうが打たれる可能性が高い。様子見で初球スライダーから行くのはわかるけど、井納翔一投手なら力で封じ込めて内野ゴロを打たせる能力があるのだから、多少甘く入っても大丈夫だから思いっきり真っ直ぐ投げてこいってリードをして欲しかった。

ただ怯えているだけじゃ絶対勝てない

阿部捕手や谷繁捕手の場合は、必ずこうやって勝とうという強さがある。まだまだこれからの捕手とはいえ、この試合に限って言えば高城選手にはそのような強さを感じることがなかった。

f:id:gothedistance:20140420002837j:plain

勝負事は攻めなきゃダメだよ。ただ助かろう、ただ凌ごうでは、ゲームの主導権は決して握れない。