読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

【急募】松山竜平選手の無意味な早打ちを止める方法

広島東洋カープ

ランナーが出てピッチャーがアップアップな状況で出てくる松山竜平選手の打席ほど、頼りにならないものはありませんな・・・。

今日の巨人対広島の1回戦、6回表の1アウト1,2塁のチャンスでの打席です。梵と廣瀬が真ん中低めに甘く入った変化球を捉えて連打という最高の流れです。ここで流れを次の打者に繋ぐためにやってはいけないことが、「追い込まれてもないのに難しいボールを当てに行って自動アウト」です。狙いに行って打ち損じたものはしょうがないと思いますが、無駄に攻撃側のリズムを悪くすることだけはやってはいけません。

が・・・・やっぱり松山。これですよ。

http://i.gyazo.com/47db93771a9780e3f49d41427321d39e.png

アウトローのチェンジアップを泳がされてセンターフライ。無駄死ってこのことです。自分の得意なインサイドのボールを待っておもいっきり引っ叩くとか、1,2塁なんだからライト方向に思いっきり引っ張ってゴロを打って願わくば一二塁間の間を抜きたい局面。

じっくりと投手を追い込むべき局面でポーンと難しいボールを振りに行ってアウトを献上する勝負勘の無さが酷すぎる。開幕戦でも同じようなことを2回もやってその後しっかり救援陣がピンチを背負った。今日は巨人の采配が非常にチグハグだったので命拾いしましたが、もっと局面を読まないと・・・。

その意味で、7回に永川勝浩投手ではなく一岡竜司投手を持ってきたノムケン采配は素晴らしいの一言です。勢いを味方に持ってくるために活きの良いパワーピッチャーで三者凡退。若い投手が躍動して抑えるとチームも気持ちが入りますし、相手にプレッシャーを与えます。期待に応えた一岡投手も素晴らしいです。シビれる局面で登板して古巣に恩返し。最高じゃないですか!!

せっかくバットに当てるのがうまいのに、なんでその長所で切腹してるんだろう・・・。能力があるがゆえに、松山選手の無意味な切腹劇は残念でなりません。