読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

ついに土俵際に追い込まれた涌井秀章投手の明日はどうなる

今日は本当に涌井投手の投球内容に落胆しました。一番落胆したのは伊東勤監督でしょうけれども。

今日の投球内容は非常に悪かったです。ピッチングの柱となるボールがありませんでした。ストレートの走りが最低で140km出るかどうかの上に、フォーシームとツーシーム共に大事な局面で高めに浮いておりました。その浮いたツーシームを痛打されたのが、伊藤光選手に今シーズン初安打を献上した2点タイムリーです。

http://i.gyazo.com/18373fc79672af27f17a662fd96636e3.png

その前に坂口選手の打席で、四球を献上しているんですよね・・・。ピッチャーに四球を与えるのと同じぐらい大きなミスで、沢村賞投手・涌井秀章はこんな投球をしてはなりませんよ。

その後ストレート系を痛打されたので、涌井と吉田のバッテリーはチェンジアップやフォークで打ち取ろうという組み立てにシフトしましたが、先頭の平野選手にチェンジアップを拾われました。ストレートが走っていれば拾われず内野ゴロになるはずですが、センター前ヒットになってしまう。シュート系のボールも高めに抜けてしまうので打者をつまらせることもできず、非常に苦しい投球内容です。

ストレートが走っていないので変化球でなんとかカウントを作ってフォーク連投でしのいできたけれども、三度目は問屋が卸してくれませんでした。坂口智隆選手との打席です。

http://i.gyazo.com/8e846247c392bce3eb7c6445959d1c4d.png

  • 1球目のスライダーは振りに行ったけどタイミングが合わず見逃し。
  • 2球目のスライダはー完全なボール。
  • 3球目のチェンジアップも完全なボール。
  • 4球目のフォークがすごく良い所に決まり空振り。
  • 5球目のフォークが落ちきらずセンター前ヒットで終戦。

さて、この状況でバッテリーが選択した5球目です。涌井投手は首を振って投げたボールはフォークでした。吉田捕手は恐らく真っ直ぐ要求だったと思います。フォークが抜けるのが怖かったという判断でしょう。結果的に4球目のフォークと5球目のフォークは完全に別物で、5球目のフォークは単なる抜けたスライダーと変わらないため坂口選手も簡単にバットに当てることができ2点タイムリーにつながりました。

今の涌井投手の投球内容は、病み上がりの斎藤佑樹投手にそっくりです。低めに変化球を集めて大怪我をしないようにしているけれども、ジリジリと加点されやっぱり4点ぐらい取られるという。中継ぎで登板していた頃はものすごいキレのある真っ直ぐを投げていたのに、先発で登板すると真っ直ぐで押したい局面でも打者をかわそうとして逃げきれず打たれてしまう。

気の短い監督なら2軍降格もあるなという内容が2回続きました。次回登板予定の15日からの西武ライオンズ戦で6回4失点程度だとしたら、もう先発の登板機会は与えられないでしょう。巨人の笠原投手のようにロングリリーフメインの中継ぎに配置され、藤岡投手がローテに入ってくると思います。

仏の顔も三度まで、と昔から申します。最後のチャンス、活かして欲しいと願っています。