読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

走塁職人・鈴木尚広の恐るべき三盗にプロの仕事を見た

読売ジャイアンツ

これは驚いたわ・・・

2014年4月5日、ドラゴンズ対巨人戦の7回表。こんな状況。

  • 先頭の井端がサード前に内野安打を打つ
  • 名将HARA、迷わず鈴木尚広を代走に送る
  • 由伸の強烈なセカンドゴロを荒木好守も1死2塁
  • バッターは村田修一

この局面で、3球目に単独スチールを決めた。これがすごい。代走で出された以上盗塁死は絶対に許されない場面で、二盗よりずっと難しい三盗をあっさり決めてきた。

http://i.gyazo.com/d7886d41e4380bf84307a168b1b99c1c.png

このスチールで三塁にランナーが進んでくれたので、

  • レフト前ヒットなら微妙だったのが、ヒットなら文句なく1点
  • 内野ゴロ・犠牲フライでも1点が入る。
  • まさかのスクイズもできる。
  • 暴投・パスボールの可能性もある。

ものすごく攻撃のオプションが広がった。

で、村田のどん詰まりの当たりが前進守備の頭上を抜けヒットになっちゃうんだよね・・・。

これが「足を絡めた」攻撃の理想型だね。おみそれしましたm(_ _)m