読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

2013年の東京ヤクルトスワローズのシーズンを振り返る

東京ヤクルトスワローズ

オフシーズンはネタが無いようで結構ありますね!

さて、改めて12球団の2013年を振り返ってみたいと思います。その中で、いかにして勝てるチームを作るのが難しいのかをじっくり考えたいと思います。

左右のエースが機能しなかった先発ローテ

先発ローテは「館山」→「石川」→「八木」→「村中」→「小川」→「赤川」でした。左を4枚並べるという球界でも屈指の左腕ローテで、特にキーマンとなるのが裏ローテの頭となる村中投手でした。彼が10勝出来るかどうかが浮沈の鍵を握ると言っても過言ではなかった。

しかし・・・大黒柱の館山投手が靭帯断裂で戦線を離れ、頼りの綱の石川投手が春先に2ヶ月も勝ちがつかない不振に見舞われ、左右のエースが揃って戦線を離れる緊急事態。その結果、常に相手チームに先手を取られる苦しい展開のゲームが続いた。その象徴が5勝13敗の八木投手。QSは達成してくれるけれども先手を取られるケースがとても多かった上に、援護が少なかった。可哀想・・・。

館山投手の穴を埋めるべく、ラルー選手を獲得したり、育成の徳山投手や中継ぎの松岡投手を先発に回すなどして色々やりくりしてきたけれども悪循環は救援陣にまで及んでしまい、バーネット投手に至っては1勝8敗という成績。勝ちパターンで使う投手でこれはちょっと異常。祟りでもあったのだろうか・・・。

投手陣の希望が最多勝でほぼ新人王確定のライアン小川投手と、シーズン後半から先発に回った木谷投手、ルーキーの石山投手です。この3枚は来年もやってくれることでしょう。木谷投手にはすごく期待してます。

相次ぐ怪我で打線も崩壊

川端選手が恒例のキャンプ中の怪我で出遅れ、田中浩康選手が不振で2軍落ち、雄平選手が靭帯断裂で離脱、ミレッジ選手も怪我で離脱、期待の大砲:松井淳選手も怪我で離脱して、畠山選手も不振からの怪我で離脱。どうしてここまで不幸が重なるのか、本当に理解に苦しむ・・・。

最高のレジェンド大砲であるバレンティンを擁しても、バレンティンが打っても逆転しないままそのまま終戦という試合が多すぎました。ライアンの時だけやったら打ってましたよねw

振り返ってみても、ベストメンバーで戦える試合が非常に少なく、状態の悪い選手がとても多かった。

2014年の展望

先発のキーマンは、村中投手だと思います。左のパワーピッチャーは本当に貴重です。石井一久の夢を再び見ることが出来るのかどうか。村中投手は常にカウントを悪くするので、一つでいいから外の低めに投げられる変化球が欲しい・・・。たった1ついい。カウントを整えられる変化球さえあれば、真っ直ぐで押せる。日ハムの吉川投手が2012年にブレイクしたように、村中がブレイクしてくれたらAクラス全然ある。

5勝13敗で終わった八木投手。ストレートとスローカーブ、そしてスライダーが持ち球でフライボールピッチャー。タイプ的には武田勝に近い。彼は、落ちるボールが欲しい。八木投手は緩急でタイミングをズラして打ち取る投球に更に磨きをかけるべく、チェンジアップ等を習得して配球の幅を広げるしか無いと思います。

来年の先発ローテは「小川」「木谷」の2枚が確定しているだけですが、1軍経験豊富な投手が多いですから、高津臣吾投手コーチのマジックで生き返って各々7勝前後してくれたら・・・という希望的観測。

打つ方は1,2番のパフォーマンスとクリーンアップが固定できるかどうかでしょう。ミレッジ→バレンティン→川端のクリーンアップが固定できるのかどうか。特に怪我が大好きな川端選手。頼むで・・。ミレッジとバレンティンにランナーを貯めて回せるのかどうか。

ヤクルトは自由契約である元ブルージェイズの川崎や、3A幽閉ほぼ確定の元西武の中島が補強ポイントにズバリすぎる。喉から手が出る程この2人が欲しいはず。川崎や中島が入れば川端をサードに回して、バレ1塁で外野の競争を拡大させることが出来る。中島が入れば川端かミレッジを1番に持ってくることだって出来る。

1,2番を任せられたプレイヤーが、どれほどのパフォーマンスを発揮できるのか。打線のポイントはそこだと見ています。