読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

ソフトバンクの長谷川勇也のブレイクを考える

福岡ソフトバンクホークス

あんまりこういうバッター、見たことがないんだよな・・・。

昨年までは足を上げていたが、今年からはノーステップ打法に切り替えた。で、この動画を見て私かなり驚いたんですが、右足をキャッチャー側に引く動作がなく、そのままピッチャー側に前に出しているんですね。

どんなバッターも体重を軸足からステップした足に移動させる運動エネルギーを利用して、バットをスイングさせる(よく言うバットのヘッドを走らせるってやつ)のだけど、長谷川選手の場合はピッチャー側の足をひかないでそのまま前に出している。これ、かなり珍しいんじゃない??

また特徴的なのが右肩。ルーティンの時はかなりゆる〜く構えているけど、タイミングを取る時はステップした足が前に出すのと同時にぐっと肩を寄せている。足は前に出ていて、肩は後ろに引いている。上体が突っ込むとバットを振ってもヘッドが走らないという定石があるが、それを避ける効果もあるのだろう。

長谷川選手のバットの軌道をみていると、松井秀喜を思い出す。力感っていうんですかね、似ているんですよ。バットをどうやってボールに当てて捉えていくのか、という感覚が。

松井の場合は少し後ろに体重が残し気味で気持ちアッパーに出てフォロスルーが大きいので、長谷川のように引っ叩く感覚は少ない。それで言うと糸井っぽい。強くバットに当てることだけを意識している中距離ヒッターなんだろうな。長距離砲は、ブランコが典型例だけど打った時に体が後ろに反り気味になる。ボールを押し込んで運んでいる感が出てる。

長谷川よりも横浜の梶谷のほうが長距離砲になる可能性は高いと思う。筒香?あー聞こえない聞こえない。