読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

これが名捕手谷繁元信の一撃必殺の配球であります

中日ドラゴンズ 配球論

満塁でカープの4番キラを迎えるまでの経緯がこれ。ピッチャーは川上憲伸

  1. 天谷ヒット
  2. 真っ直ぐをワイルドピッチで天谷はセカンドに
  3. 菊池に四球
  4. カーブをワイルドピッチで2塁,3塁
  5. 丸に四球で満塁

ハッキリ言って投げる球が殆ど無い状態。代名詞のカットボールのキレがなく、投球を組み立てるの四苦八苦していたこの回。バッターは4番のキラ。

こういう時に思いっきり開き直ったリードが出来るのが、名捕手・谷繁元信その人ですね。

http://gyazo.com/5e8b8e8390339acc136c071162d9224f.png

ひたすら真っすぐを続けて追い込んだ。流石に追い込んでからは1球カットボールを見せたが、甘く入った。キラが打ち損じてくれたが、冷や汗ダラダラものの1球。その後は、カットボールをあっさり捨ててインサイドの真っ直ぐで力勝負。最後にインサイド高めをついた後に、外の低めのカーブ。ここまで布石を打たれてしまってはキラも全く合わずに空振り三振でした。

川上ってタイミングを外してかわしていくってタイプじゃない中で、川上が思い切って開き直れるようなリードをしていく。谷繁ってピンチの時ほどこういう割り切ったというか、このボールを必ず活かして打ちとっていくという球種を中心とした組み立てを良くする。阿部もそういう傾向がある。

そういう組み立てをあまり感じないのが横浜の鶴岡とカープの石原かな。セオリー通り投げてセオリー通り打たれている感は強い。