読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

先発投手が試合を作るために必要な3つの条件

昨日のマエケン、今日のノムスケを見ていて改めて思ったことです。

  1. 連打を浴びないこと
  2. 同じ打者に何度も打たれないこと
  3. 先頭打者に四死球を与えないこと

一番重要なのは連打を浴びないことです。ビッグイニングは連打から生まれますので、いかにヒットを続けさせないで切ることが出来るかが先発投手の大きな仕事になります。四死球は基本的には良くないということなんでしょうが、相手の打線の流れを考えると四球で逃げるが勝ちの場合もありますので、なんとも言えない。

次に重要なのが、同じ打者に何度も打たれないということ。誰かにデータを取って貰いたいなんですが、同じ打者がマルチ安打で2回打点を上げた場合その打者がいるチームの勝率はものすごい高いはずです。僕の体感では8割5分〜9割近い。昨日は赤松がマルチで打点を上げ、今日は廣瀬がマルチ犠牲フライで打点を上げました。このように同じ打者に何度もやられてしまうと、ずっと相手チームの流れになってしまいます。先発をやるならここを考えて欲しい。

そして鉄則である、先頭打者に四死球を与えない。先頭打者の四死球は特典を与えてしまう確率が跳ね上がってしまう大変よろしくないミス。四死球だけでは得点にはならないですけれど、与えなくても良いチャンスを相手に与えてしまうから、気をつけて欲しいですね。

この3点に留意しながらうま〜くペース配分が出来るというのも、先発の仕事になるんだと思います。