読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

絶対に落とせない試合を取った中畑ベイスターズ、東京ドーム初勝利

今日の試合は、中村紀洋への危険球死球があった以上は死んでも勝たねばならなかった。

ただ、もちろんこれから精密検査に行くんでしょうけれど、大事に至らない雰囲気で何よりでした。

1死1,2塁の場面での危険球退場。シュートかストレートのすっぽ抜け。体を張って作ってくれたチャンスを絶対に活かさなくてはらない。1死満塁で、荒波が得意のインサイドの低めから真ん中のストレートを引っ張った。オープン戦の好調の頃を思い出しましたか!あの頃のあなたは逆方向の意識と言うよりも自分のゾーンでしっかりひっぱたく意識が強かった気がしますで!この一打で思い出して欲しい。

筒香のホームランも嬉しかったな〜。頼むでぇ、阿部に素質を認められた和製大砲筒香嘉智はん。バッティングフォーム、右足の引き方を代えましたね。昔はオープンだったけどスクエア気味に戻してる。強くボールを叩ける様になれば期待できる。

巨人の戦犯は今日に限って言えば坂本ですね。西村の危険球は間接的だと僕は思う。今日の坂本はことごとくチャンスで凡退してしまった。坂本に一本出ていれば5−3ぐらいで巨人が勝ったゲーム担っていたと思う。

僕は坂本をとても買っている。確かに最近は凡退も多いし、初球を引っ掛けて併殺なんてこともある。でも、坂本の長所はたくさんある。インサイドを捌くのがうまいだけじゃなくボールに合わせて打つ方向を代えられること、初球から行くことだ。追い込まれたら軽打する余裕も最近は感じる。

この初球から行くというのはバッターの性格による。バッターによっては初球を打ちにいって凡退することほど無駄なことはないと考えるバッターもいるし、初球でも何球目でも自分が打つと決めたボールを打たないのはイヤというタイプもいる。坂本はもちろん大事に行こうという意識はあるんだろうけど、どんな時でもノーアウト満塁でも2死ランナー無しでも、変わらずに初球からいけるメンタルの強さは感心している。

この坂本に憧れている堂林はバッティング技術の問題で全くなれそうにないから、インサイドを捨ててちょっと離れたほうがいいんじゃないですかね。はい。坂本は典型的なプルヒッターです。堂林はプルヒッターになるならグリップを上げて右肘を体につけてバッティングしないと無理やろなぁ。