読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

新生草薙野球場こけら落としのヤクルト戦レビュー

東京ヤクルトスワローズ

今夜は、ライアン・小川に尽きますね。ことごとくピンチで抑えてくれた。

1回裏無死1、3塁での拙攻

初回の悪送球とファンブルで、ノーアウト1.3塁の大チャンス。バレンティンとミレッジが打てば間違い無くヤクルトの流れになるシーンで、バレンティンに対してインローの真っ直ぐで三振取られたのが痛かった。

今年のミレッジは外のスライダーの見極めが絶望的に悪く、高確率で手を出して引っ掛けてしまう悪癖があり打率が上がってこない。外のスライダーをひっかけてゲッツー。これで投手戦モードに入ってしまった。勿体無かった。ライアンじゃなかったら踏ん張り切れないゲームだっただろう。

4回表の2アウト1,2塁 対ボウカー

これが今日のベストピッチだと思います。

http://gyazo.com/ec4691f96634aa3d333f7a7ca039c5c9.png

まず初球がインコースのカットボール。これに全く合わないスイングでファウル。僕はこの時点で、この球で仕留める配球で来ると感じた。

2球目は振ってくれたらラッキーの真っ直ぐ。3球目は真っ直ぐを見せてからのフォーク。慎重かつ繊細な攻めをするも、カウントは2−1。が、4球目に投げたアウトコースのカーブが最高の高さから落ちて空振り。これを振りに行ってしまうのが良くも悪くもボウちゃん。頭にないボールなら打たなければいいのに、追っかけてしまって、3−1を2−2の平行カウントにしてしまう。平行カウントになれば投手有利。

そして最後はストレート→カットボールの組み立てて、ボウちゃんを泳がせてフライアウト。こんなに丁寧に一人の打者に向き合える精神力。ハーラートップの8勝は伊達じゃないね。

5回表無死1,2塁

澤村を外のスライダーを続けてスリーバントでアウト。その後迎えた長野が自分の得意とする外の高めのカットボールを打ち損じてくれた。滅茶苦茶助かった。

次の亀井への攻め。亀井はインサイドを捌くのが上手なバッターだけど、うまくいけばインコースを狙っておきたい所。初球はそのまっすぐから入った。2球目も外のカットボールを投げたら少し抜けてアウトハイに決まったが、亀井はこれに全く反応しなかった。まっすぐに絞ってるなら手が出てもいい所でした。

・・・となると、インサイドを待ってるのか変化球を待ってるのか・・・という感じ。ここで中村はフォークを投げたがワンバンとはいえ全く反応せず。なんかよくわかんないけどカーブを待ってるわけじゃないし、まっすぐは無いよなという局面でカーブを投げたら微妙にタイミングがずれて打ちとった。どうも、初めから引きつけて左に打とうという意識があった感。7回もそんな感じ。

ブルペンエース石山

ライアンの存在は大きいのは当たり前だけど、リリーフエースとしての石山の存在も大きい。ボールの力はライアンよりもあるし、今日は坂本・阿部・村田の巨人のクリーンアップを真っ直ぐで全部抑えた。この投球が出来るのは大きかったし、山本哲に最高のバトンを渡してくれた。個人的にはこの投球で9割勝ったと思いましたが、山本哲のボウカーへの初球は焦りましたよ・・・打ち損じてくれて助かった。

期待の2年目、山田くん

今日1番・セカンドにスタメン起用された山田 哲人選手。非凡なバッティングセンスを感じます。特にいいのが、選球眼。今日澤村が投げたスライダー系のボール、ボール球は全て見送ってスルーできていた。こういうのはなかなか出来るもんじゃないので、選球眼がよく右にも左にも打てるあなたは・・1番が最適です!!今シーズンはこれからも1番スタメンを死守してくださいよ!

とはいえ、澤村もスライダーが良かった

宮本慎也・ミレッジあたりを打ちとったスライダーのコントロールが非常に良かった。以前は打たれると力みからスライダー系が明らかなボールになり自滅する印象が強いが、ここ最近は非常に粘り強さも出てきて困ったなぁ、と。ただ、タイスコアの試合で先頭打者の四球だけはやっちゃいけなかったね。しかも、安牌と言ってもいい森岡相手に。このミスが、ライアン小川と澤村の明暗を分けました。

久しぶりに試合開始から終了までじっくり野球を見ることが出来て楽しかった〜。