読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

ヤクルト先発・八木と中村のバッテリーの一本調子な攻め

東京ヤクルトスワローズ 配球論

今日はプレスルームシートで観戦していたので余計に強く感じたんですが、4回の攻め方は頂けなかったですね。非常に単調でした。

このバッテリーは追い込むまでは完璧に近い。こりゃ打てないなこんなところに投げられちゃっていうボールがかなりあったので、1-2とか0-2とかの有利なカウントになるケースも多かった。そこからが問題で、幅を出すために変化球を織り交ぜたんですがかなりワンバンして、八木もそんなに制球に自信がないから3ボールには出来ないという心理状態になってしまったみたいで平行カウントから甘く入ったボールを痛打されていました。ハッキリ言って自滅ですね。

井口への攻め

http://gyazo.com/d2cefc163e3273c9d935fa5c7c8e092c.png

初球のスライダーや2球目のストレートに全く反応しなかったので、執拗にインコースを攻めたんですけど、井口はアウトコースが得意というデータでもあったんですかね・・・? なんか昔は右方向へも打てるみたいな感じらしいけど、3番に座ってからは長打を意識しているせいかプルヒッターのようなイメージに僕の中ではなっている。外に逃げるボールがないにせよ、アウトコースのボールからストライクゾーンに向かってくるスライダーを使わなかったのは何故なのかは気になる。

今江への攻め

http://gyazo.com/72c649f28029a3af8afecb9ea2bcfc62.png

今江は明らかに自分が強く打てるボールを待ってました。2球目のボール球のチェンジアップに手が出たのはその為でしょう。なので外にフォークを投げるまでいいんですけど、4球目は目線を上げさせる釣り球でよかったんじゃないでしょうか? 今日の八木投手のフォークは9割方ボールになっていました。これでは、打者に「フォークもあるな」と思ってもらえるわけがない。

インサイドよりのボールを待っている今江に対して、5球目に中村は明らかにインコースに寄っていました。この時点で正直ダメだと覚悟した。嫌な予感ほど当たるもので、インローを攻めたかったスライダーが抜けて真ん中に入ってしまい、ホームランボールを献上してしまいました。

その後の攻め

本塁打を浴びたことで集中力が切れたのかとっ散らかってしまい、荻野貴/鈴木大地/江村/伊志嶺/にはストレートで押す配球に切り替えてしまいました。八木の真っ直ぐで空振りが取れるわけないじゃん・・・。八木の持ち味であるスローカーブ使って、目線を切って行きましょうよ。八木はフライボールピッチャーなんだから、そのケアを忘れてはいけないと思います。

対照的に西野投手は

見たところ、ほとんど0-2というカウントがありませんでした。特に1-1の平行カウントから、低めに良いボールが決まっており、そのボールがヤクルトの各バッターはどうしても頭にあったみたいで、それを見せ球に使われて引っ掛けるケースが目立ちました。

ロッテのバッターがしっかり捉えていた八木の真っ直ぐを、ヤクルトの貧打線は西野の真っ直ぐをかなり打ち損じているようにも見受けられましたけど。井口や今江ならヒットだろうなーみたいな・・・。

江村兄弟対決!

まさかまさかの兄弟対決が実現しました!球界には結構兄弟の選手は多いですが、投手と野手という組み合わせで互いに別チームなのは恐らく江村兄弟だけではないでしょうか。

http://gyazo.com/8b18b816ca0a73d2819be313211e6f5a.png

ムリもないんですが、江村投手は滅茶苦茶力んでました!江村捕手も真っ直ぐが来るだろうということでじっとしていられなかったようで、ついついボールの真っ直ぐに手が出ていました! これはこれでいい勝負でした!この兄弟対決をバックネット裏のプレスルームで見ることが出来たのは、価値ある体験でした。