読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

金子千尋と菅野智之の投げ合い

言うほど菅野投手は酷くなかったと思います。多少ボールは抜けてましたけど、ゲームを壊すレベルでは全然無かった。ルーキーであることを鑑みれば充分の投球内容じゃないでしょうか。強いて言えば、カウントの整え方が前回の西武戦に比べるとチグハグだったぐらいで、こんな新人が先発して羨ましい限りや・・と。

今夜は菅野のコンディションよりも、阿部慎之助のリードに問題があったのではと感じます。

まず、先制打を打たれた糸井に対する配球。

http://gyazo.com/020db71619739b5e6280d0e1dbe7ed3e.png

この日の菅野はカットボールのキレがイマイチだった感があり、阿部はストレートやワンシームを中心に組み立てをしていた。外のスライダーで入り、インコースのカットボールで揺さぶる。こんな難しい配球によくついてくるよ、菅野も。で、インコースのカットボールで決めてから最後になぜかカーブを選んだ。僕は真っ直ぐかフォークで来ると思ってたけど、糸井が引っ掛けずにうまくレフトに運んだ。それだけの技術がある選手に、ある意味対応がしやすいカーブというボールを勝負球に選んだのはミスなのだろう。打たれてしまったわけだから。

また、2点めを取られたイデホへの配球。

http://gyazo.com/e35746acababb4393555fe0c2422515c.png

3球目までは特に問題がなく追い込んだ。イデホは前の打席で外のスライダーを痛打してヒットを打っており、どうするか悩ましい局面。阿部は結構同じボール・同じコースを平気で続ける所があり、4球目もツーシーム系のボールを要求した。結局それが甘く入りイ・デホがライトへタイムリーを打った。

僕はこれはやり過ぎだと思った。ボールでもいいよ、っていうコースのカットボールが正解ではなかったのか。今夜の阿部は伏線という意味もあるのだろうけど、右打者には追い込んでから必ずといっていいほどワンシームを要求していた。甘く入ったら危なくね・・・?

それに対し、金子千尋の場合はストレート・カットボール・チェンジアップをうまく散らして的を絞らせないよう伊藤捕手が細心の注意をはらいながらリードしていた。テンポも良くサクサク。ただでさえ追い込まれた打てない投手なのに、制球も抜群だからそうそう連打が出ないよな〜。また、フィールディングも上手なんですね。3つぐらい投手ゴロがありましたが、見事にさばいていました。

まだゲーム中(7回裏)ですが、金子は打たれそうにないので平野登板という展開で崩れなければ、オリックスの勝ちだと思います。

追記 20:55

平野が打たれてしまいましたな・・・。阿部の死球が痛かった。

しかし、亀井が蘇ったなぁ。ストレートにうまくファウルで対応しているのでバッテリーも最後はフォークで勝負に出た。外の低めにうまく落ちたけどうまくセンター前に弾き返した。今年の亀井さんはタイミングの取り方がすんばらしいわ。お見事でございました!