読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

阿部慎之助のインコースの見せ方に学ぶ

読売ジャイアンツ 配球論

今日の巨人対広島の試合の初回。

先発の内海が立ち上がりから緩い球のコントロールが糞でフォアボールを連発しまくって堂林に満塁で回ってきた時の配球に、なんというか一点集中の開き直りを感じた。ここまで悪いと立て直しが利かなくなるもんだが、見事に操縦して最低失点で切り抜けた。

初球はインコースのストレートから入った。これってなかなか出来ないと思うんだよなぁ。フォアボールを連発して満塁にして、積極的にバットをふるタイプの堂林にインコースの真っ直ぐをいきなり投げさせた。これって計算があったのだろうか。堂林はインコース打てないぞ、という。

インコースの真っ直ぐを見せ玉にして最後は外のシュートを引っ掛けさせてゲッツーをというシナリオだったのだろうし、実際3球目に投げたシュートと同じようなボールを見事なまでに引っ掛けたのだが、ボテボテの打球が幸いして1点取れた。後にも先にも、インコースのストレートはあの初球だけだった。

ただ、その後の打席ではインコースを全く見せずに外の変化球だけで討ち取ったりしてからの、またしてもインコースの真っ直ぐを要求し、堂林がことごとく見逃しているのでカウントを整えることに成功している。投手はどうやって2ストライクを取って打者を追い込むのか、なんだろうな。

古田敦也の配球と比べてじっくり見てみたい・・・