読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

WBC2013第一ラウンド 日本対ブラジル レビュー

WBC2013

いやぁ、紙一重で勝てた試合でした・・・

以下思ったことをつらつらと書きます。

日本の先発の田中マー君。非常に悪かったです。ストレートすらコントロールすることができず、ピッチングを組み立てることが出来ておりませんでした。初回にブラジル3番のコンラッドに外の低めの真っすぐを引っ張られてレフトに運ばれたあたり、2回で見切って正解だと思います。

その後の日本の攻撃。3回の表で、4番の糸井。フェルナンデスのスライダーをしっかり見切れていたのが大きかったですね。内より低めのストレートをジャストミート。すばらしいです。

その後杉内への継投。スライダーがあかんかったですね・・・。ストレートで出たとこ勝負な投球が目立ってしまった。特大のファールも打たれたし。アレが入ってたら負けてたかも。それでも流石のピッチングをしてくれたんですが、点を取られたシーンはチェンジアップを完璧にセンターへ打たれてしまいました。サトウの読み勝ちですね。しゃーない。

5回のブラジルの攻めはすばらしかった。1番がセーフティバントを決め、ディレードスティールでセカンドへ。ここで勝負に出たことはバッテリーの判断だろうから致し方ないが、摂津の甘く入ったスライダーを左中間に運ばれた。なんというリズムの良い攻め。ここまでは、ブラジルのほうが日本よりもいい野球をしていた。常に先手を取っていた。

さてさて、この試合のキーポイントの8回。

チックが気合いの入ったスイングでレフト前に。この糸井のバントは賛否あると思う。僕は無いと思ってたし・・・。打たせていたと思う・・・。で、もって代打井端。ここがブラジルのキャッチャーの未熟さがでた。右に打つことがわかってる井端に対しての攻めが今ひとつ。外の変化球から入ったらあかんよ。それを投げるのは追い込んでからだった。

このゲームの最大のポイントは、長野の内野安打ですね。三遊間深い所、よくショートが追いついた。しかも間に合うタイミングでセカンドに投げたが球がそれてしまった。このオールセーフは大きかった。これで点を取る流れを止めるのが難しくなり、その後、阿部のセカンド強襲のタイムリー。ゲッツーと紙一重でしたが、流れってこんなもんですね。

もしもあのショートがキチンとセカンドで井端をアウトに出来ていたら、阿部の打球をセカンドが好捕していたら・・・ホントに紙一重でした。

その後のマッチのタイムリーが大きかったねぇ〜。9番マッチ大成功だね。

8回の能見さん、9回の牧田さん、完璧でございました。特に能見さんのユウイチに対する外の真っすぐ→そのフォークのコンビネーションは最高でしたね。あんないい球投げられるのか・・・!

ブラジルの敗因を上げるとすれば、4番のユウイチがあかんかったことだろう。初回のユウイチのゲッツーはすごく大きかった。彼はインコースを捌くのが致命的に下手なのね・・・。

何にしても魅力のある野球を見せてくれたブラジルと日本に感謝したいとおもいます!