読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ野球見るの?今でしょ?!

主にセリーグを中心とした、プロ野球観戦日誌です。メジャーもあるよ。

阪神タイガース

藤川球児が帰ってきた

www.nikkansports.com2006年かと思いましたよ・・・マテオが離脱してまさかのクローザー起用に応えるのも凄い。誰が進言したのか知らないけど、これは阪神ファンにはたまらない勝利になりました。でも、打たれた時のショックもかなり大きいと思うので、クロ…

広島・會澤捕手の配球ミスで生まれた狩野選手のタイムリー

最終的には凄いゲームになりました。baseball.yahoo.co.jpただ、會澤捕手のこの配球は頂けません。彼は気持ちが頭よりも前に出てくるタイプのようで、ピンチになると配球が力勝負一辺倒になる傾向があります。 こっちは配球ミス 9回裏、2死2,3塁で狩野選手を…

2016年、タイガースの開幕1軍選手発表。シーズンをどう戦う?

【阪神・開幕メンバー】【投手】榎田、能見、藤川、歳内、福原、高宮、マテオ、髙橋聡、鶴、メッセンジャー【捕手】梅野、岡﨑【内野手】鳥谷、北條、上本、ゴメス、西岡、ヘイグ、今成、荒木【外野手】大和、福留、髙山、横田、江越、緒方、狩野 #npb #hans…

スタメン起用が明暗を分けた短期決戦、2015CS 1st ステージ

久々なのかな? ファーストステージで、両リーグとも最終戦にもつれ込みました。ここで阪神の和田監督、日ハムの栗山監督は同じような采配で勝負に出ました。通常代打として残しているプレイヤーをスタメンで起用するという勝負です。あたりの出ていない今成…

大和選手は阪神に所属していなければ名ショートになったかもなぁ

これにはメジャーリーグも熱い視線ですわ。そういえば、2014年のCSでもセンターで亀井選手の二塁打をダイビングキャッチで捕球したなぁ。via 阪神、大和の超ファインプレーで勝利!!ファイナル進出へ逆王手 :日刊やきう速報 この球際の強さと地肩の強さ。…

終盤で「とりあえず同点」が許されるのはホームチームだけでは?

今日の巨人対阪神戦を見ていて、よく思うことなのですよね...gyazo.com8回に高橋由伸のタイムリーで巨人が勝ち越して、9回表に今成がライトオーバーの2ベースを放ち、無死2塁となった場面です。ここで和田監督は俊介をピンチバンターに送る。恐らく、ほとん…

無死1塁のバスターでサード方向に打ってはいけない

今日の阪神対日ハムの試合で、11回裏に回ってきた無死1塁のサヨナラのランナーが出た所。打者は俊介。何の変哲もないストレートでバントを試みるも二回失敗してベンチもバスターに切り替える。というか、限りなくヒッティングに近いバスターだとバレバレの状…

新井貴浩さん、新技「ツライディング」を披露する

ツライディングwwwwwwwwwww :日刊やきう速報に詳しい。 ちょっと拝借 元気出るわ。球界の清涼剤、新井貴浩さん大好き。

"石直球"の呉昇桓投手の胆力が実に素晴らしかった件

石直球ってなんやって思ったけど、コレは確かに前にボールが飛ばないという意味で石直球ですわ。今日の広島対阪神の試合で登板したオ・スンファン投手は凄いパフォーマンスを見せた。スタンリッジを放出せざるを得ない中での獲得という勝負に勝った、といえ…

首位攻防第1ラウンド、野村謙二郎監督の采配が裏目に出た阪神対広島

2014.04.29 の首位攻防戦第1ラウンド。阪神対広島は素晴らしい投手戦になりました。メッセンジャー投手はタテの変化が特徴の投手。スライダー、カーブ、そしてスプリット。僕はマー君のいない今なら、NPBでベストと言えるスプリットを投げるのはメッセンジ…

意外とフリーダムなトラッキーさん

お前の方がおもろいわ pic.twitter.com/d3lmPLRhIC— ワカメちゃん 年間指定買うた! (@mimiusagi87) April 15, 2014ズムスタのライト側でコマネチ披露とは・・・!

スポーツ新聞で西岡選手と福留選手が神格化された件

【速報】 西岡と福留が神格化される http://t.co/rAuABVoHdL— PLUTO 4 RNAV (@tokyoAPP_11910) March 30, 2014( い ず れ も 神 )なかなかやるじゃない。

新井貴浩・良太兄弟、奇跡のトリプルツレーを達成し阪神にサヨナラ勝ちを呼びこむ

こんなプレイは年間に1回あるかないかの超高難度のプレイですが、それを平然とやってのける。そこにしびれるあこがれるぅ!トリプルツレーとは、新井貴浩さんの指示・打撃・走塁の3つの異なるプレーで全てのアウトに絡むという奇跡のことです。どんなに頑…

今年の投壊を象徴する中西投手コーチと和田監督の発言内容の乖離

藤浪晋太郎投手のグラスラ被弾はどう考えてもベンチワークの責任ですが、球数を投げてもスタミナが切れる藤浪が悪いという中西投手コーチの発言には激おこぷんぷん丸ですよ。 6回で83球。一発は109球目だった。7回2/3で6失点した前回1日の中日戦…

パワー&テクニック! メッセンジャーのシビれる二者連続三振

4回に3連打でノーアウト満塁のピンチを迎えたメッセンジャー。ここからが、藤井を含め圧巻の投球でした。ヒットの内容も阿部にはレフト前におっつけられ、ロペスにはバットの先ながらヒット、アンダーソンはボテボテのヒットとまぁ不運も重なった。ただ、…

2014.03.08 藤浪晋太郎 対 大谷翔平

大谷翔平化け物すぎですよ。藤浪晋太郎投手はクロスステップ(左足が三塁側方向にちょっとでる)のを矯正してきたのかとおもいきや、そうでもなかった。昨年までの藤浪投手と別段フォームは変わっていないように思います。どうも、右投手というのは左打者のア…

2013.10.12 CSファーストシリーズの阪神対広島第1戦、センター福留の怪

結果的には圧勝になってしまったゲームを振り返ります。先発の前田健太と藤浪晋太郎。序盤から見えましたが、藤浪がいっぱいいっぱいなのに対し、マエケンはうまく緩急を使って抑えているという印象で、先に崩れるのなら藤浪だろうという感じでした。藤浪の…

阪神の岩田が壁にぶち当たってしまった件

岩田はカープのバリントンによく似ている。そこそこ抑えるのだけれど、自分が良いと相手投手もふんばり、援護を貰うともらった分だけ吐き出したり、不要な一発でじわじわと真綿で首を絞められるように負けていく所がとても・・・。今年は良い時と悪い時が滅…

阪神が獲得を目論んでいる呉昇桓投手

動画を見る限りですが、かなりのパワーピッチャー。昔ヤクルトで活躍してくれた林昌勇・・・って感じではないけど、確かに後ろを任せるのに適した投手だ。もしNPBでプレイするのなら楽しみな逸材だな〜。 日本プロ野球の阪神タイガースが呉昇桓(オ・スンフ…

久保の救援失敗から浮き彫りになった、藤川不在の大きな穴

僕はセリーグ順位予想のエントリで、こんなことを書きました。 何しろ投手陣が薄い。後ろが特にキツい。榎田が前に来てしまったこと、そして藤川が抜けた穴。これらが全くといいほど埋まっていないのがとても気になる。一番俺達になりそうなのは阪神だと思う…

田中雅彦を病院送りにしたマートンのタックル

タイミングはどう見てもアウトだからこそ、マートンはタックルにいったわけだ。あのまま減速して無駄死するわけにはいかないし、スライディングで回りこんでもほぼアウトだし。タックルも許されている以上、致し方ない・・・。でも、これはヤクルトからした…

11四死球を貰っても勝てないチームがあるなんて、そんなまさかぁ

羽鳥アナ「そんなことが・・・ありましたーー!」今日の巨人対阪神戦は面白かった。阪神投手陣の与えた四死球の合計が、なんと11個。先発の榎田が挨拶代わりのフォアボールを連発し、合計8つの四死球をプレゼント。普通なら3点は覚悟しなくてはならないの…

主 砲 能 見 篤 史 爆 誕 

美しい・・・

新井さんがバッティングフォームをスクエアにした件

昨年まではオープンスタンスですり足だったけど、今シーズンはスクエアにして左足を上げる形になっている。元々インコースを打つのが苦手な打者なんで、オープンスタンスにすることがその対策の一つなんだろうけど、バットのヘッドがスンナリ出ていない感が…

守備の乱れはツラゲより重い

今日の阪神対広島の3回戦の話。先発のブライアン・バリントンに対して、浮いた真っ直ぐ系のボールに対しセンター返しを執拗に繰り返し4点をもぎ取った所まではすごく良かったのに終わってみれば逆転負けという何ともアンニュイな試合になった阪神タイガース…

2013.03.31 野球観戦ログ

奥さんが体調不良だったので自宅で調べ物や書き物をしながら見ていました。ヤクルト対阪神戦、注目の藤浪。非凡な才能がありますねぇ。気になるのは真っすぐがシュート回転してくること。右打者はそのシュート回転に苦労して詰まらされたけど、左打者の場合…

2012.09.02 阪神対広島 観戦ログ

途中でヤクルト戦に切り替えたりしていたので、所々見ていないんですが、やっぱり初回ですね。このゲームは。あの1死満塁の大チャンスで1点も入らない。 特に、今日5番に座った丸があかんかった。 満塁&変化球がワンバンするという状況で、どう考えても…

2012.09.01 阪神対広島 観戦ログ

自宅にケーブルテレビが入ったので、プロ野球見放題だぜぇ。 今日は7:30ぐらいから、2012/09/01の阪神対広島を観戦していた。 結果は広島の今井がプロ初完封で勝利したのだが、まぁ阪神の5番・6番の不甲斐なさがこの完封を読んでしまった。金本とブラゼル…